女性が選ぶ婚活サイト「キャリ婚」へようこそ!アプローチするのは女性。対する男性は、事前面談を通過した「共働き志向の独身男性」だけが登録できる仕組みです。多数のメディアで活躍するアンバサダーの川崎貴子と金沢悦子が婚活の極意をお伝えします。
金沢悦子
金沢悦子
そろそろ本気で婚活しようかな、そんな30代働き女子が気になる「婚活にどれくらいお金がかかるんだろう?」を大公開。予算や内容から、自分にとってベターな方法は何なのかを探ってみてください。

これから婚活を始める30代女性の皆さんは、どのような費用が必要か気になるのではないでしょうか。また、現在婚活中で予想以上にお金がかかると感じている方も多いようです。

今回の記事では、30代女性が婚活する場合にかかる費用一覧や相場、お金の使い方のコツについてお教えします。比較して婚活の参考にされてください。

婚活費用の相場。何にいくらかかる?婚活中のお金の使い方

婚活にかかる費用を「出会い」「自分磨き」「関係構築」にわけて解説します。

出会いにかかるお金

利用する婚活サービスによってかかる金額はさまざまです。費用の高い・安いだけでなく、なによりも結婚したい相手と出会えるか、マッチングできるかどうかが重要ですよね。出会いの方法やサービスごとにかかる費用、メリットやデメリットについて解説します。

知人からの紹介 0円〜

紹介者が自分や相手のことを知っているため、性格や価値観が合う可能性が高く、結婚への後押しも期待できる安心感があります。デメリットは、うまくいかなかったりトラブルがあった場合、元々の人間関係に影響する可能性があること。基本的に費用はかかりませんが、紹介者へのお礼や結婚後のお付き合いが大切になります。

婚活パーティー 参加費0円〜5000円(1回あたり)

一度に多くの男性と対面し、相手の雰囲気や会話の相性を知れます。その場で良いと感じた人を選ぶ仕組みなので、初対面で会話を盛り上げられる方にはおすすめですが、苦手な方は難しいと感じるでしょう。気軽に参加できる価格設定ですが、何度も参加しているうちに出費がかさむことも。年代やテーマなど自分に合うものを選ぶのがカップリングのコツです。

マッチングアプリ・婚活サイト 月額0円〜1.5万円

自分のペースで、相性が合いそうな異性を検索してやりとりできます。気軽に登録できるので使っている男性の数が多いのも嬉しいポイント。一方でプロフィール情報に嘘があり事実と異なっていたり、遊び目的で使っている男性がいてもわかりづらかったり、というデメリットがあります。結婚を目指す場合は料金が無料や低額でないものがおすすめです。

結婚相談所 月額1万円〜2万円

入会前に面談があるため身元が明確な会員のみが登録しており、仲人やアドバイザーのサポートがある安心感が魅力。成婚までの期間が短いという特徴もあります。デメリットは費用が高額なこと。月額の会費の他、入会費や成婚退会費がかかることがあります。結婚相談所によってお相手の紹介方法やサポートの範囲などシステムが異なるので、体験談なども参考に慎重な検討が必要です。疑問点があれば、実際に質問してから入会を決めたほうがいいでしょう。

自分磨きにかかるお金

婚活の場では普段以上に第一印象が大切。第一印象は15秒で決まり、さらに見た目が55%とも言われています。そのため自分磨きは欠かせないポイントですが、気づくと支出が多くなるもの。美容や洋服、そして写真にわけて、婚活中の賢いお金の使い方を紹介します。

美容は、髪に優先してお金をかける

エステやスキンケア、メイク、ダイエットなど美容にはゴールがなく、お金や時間を使いすぎることも。婚活のための余力がなくならないよう、30代の女性にとって力を入れるべきポイントを知りましょう。男性が気になる部分で、第一印象に特に影響するのは顔の額縁とも言われる髪。ツヤのある手入れされた髪は若々しい印象を演出できます。肌色に合うカラーリングをすれば、表情を明るく見せる効果も。

洋服は、サブスクを上手に活用

婚活パーティーやデートのための服やバッグは数も必要になるため、つい高額になることがあります。そこでおすすめしたいのがサブスクです。スタイリストが服を選ぶサービスの中には、パーソナルカラーや骨格診断に基づいたものや、婚活用の提案をしてくれるものも。プロのサポートでイメージアップを実現できます。気に入ったアイテムを購入できるサービスもあり、買い物に無駄がなくなります。

写真は、プロのヘアメイク&カメラマンに依頼

マッチングアプリや結婚相談所は写真の印象が勝負。スマホがあれば簡単に撮れると思いがちですが、しっかりお金をかけるべきポイントです。プロの力を借りることで自分の個性を最大限に魅力的に見せ、自然な表情を引き出してもらえます。スタジオ撮影が一般的ですが、屋外で撮影するサービスはさらにおすすめ。周囲の風景や自然光によって、ナチュラルな印象に仕上がります。

相手との関係構築にかかるお金

お互いに良いなと感じた相手とはデートや、パソコン・スマホを使ったオンライン通話を重ねることになりますが、この期間にも費用がかかります。デート相手が近隣の方なら1回の交通費は小額ですみますが、気づくと多くの金額を使っていたということも。

デート費用は男性がお支払いしてくれることもありますが「ランチをご馳走になったらお茶は自分が出す」などお返しを忘れずに。マナーを大切にし、基本的には半額出すと考えましょう。オンライン通話でモバイル通信を利用する場合は、携帯電話会社や通信費のプランを見直すことをおすすめします。

事例:30代女性が婚活にかかる金額をシミュレーションしました

マッチングアプリ・婚活サイトを利用した場合と結婚相談所を利用した場合について、実際の30代女性の体験をもとに大まかな合計金額を計算しました。

マッチングアプリと婚活サイトを利用し1年半婚活したYさんの場合

  • 出会いの費用:4000円×3ヶ月(1万2000円)
  • 自分磨きの費用:美容9万5000円 ファッション6万円 写真0円
  • 関係構築の費用:5万9000円(デート回数:22回)
    合計:22万6000円

Yさんの感想:納得できる方とお付き合いしたかったので、無料のアプリを中心に複数のサービスを利用。多くの人と会いましたが途中で疲れ、婚活を休んだ時期もありましたね。季節に合わせて服の買い替えが必要になりましたが、出会い自体にはそれほどお金はかかりませんでした。

結婚相談所を利用し3ヶ月婚活したMさんの場合

  • 出会いの費用:入会金11万円+月会費1万7000千円×4ヶ月(6万8000円)
  • 自分磨きの費用:美容3万5000円 ファッション3万円 写真2万3000円
  • 関係構築の費用:1万2000円(デート回数:6回)
    合計:27万8000円

Mさんの感想:短期集中で活動するため、男性を自由に検索できる高額のプランに入会しました。相談所で撮る写真は他の会員の方と雰囲気が似てしまうので外部のサービスを利用。最初にアドバイザーさんと条件を整理できたので、お見合い時にすぐこの人だと決められました。

金沢悦子
金沢悦子
出会った瞬間に、「あ、この人と結婚するかも」と思ったという30代のYさん。キャリ婚を使うきっかけになったのが「婚活費用全額返金(成婚したら婚活費用を祝い金としてお返し)」のプレスリリースだったそうです。ぜひこちらもご検討ください。

まとめ:コスパの決め手は期間とツール

婚活にかかる費用を大きく左右するのは、婚活にかかった期間と利用するサービスです。

期間が短ければその分費用は抑えられますし、幸せな結婚生活をより長く過ごせます。そのためには、婚活の前に結婚したい男性像を具体的に考えることが大切です。「できれば高年収で容姿が好み、趣味が近い人」といった漠然としたイメージでは、なかなか相手が見つからない、条件は合うけれど違和感がある、など婚活が長引いてしまいがち。「結婚生活で自分が大切にしたいことは何か」等身大の自分に合う人をイメージしましょう。

利用するサービスは年代に合うものを選ぶことも大切です。30代女性の場合は、婚活向けのマッチングアプリや婚活サイト、結婚相談所がおすすめです。

「費用を抑えながら、共働き希望で結婚願望が強い男性と出会いたい」方におすすめなのがキャリ婚です。登録者の男性は結婚相談所と同じように事前に面談しており、本人確認や結婚、共働きに関する意思確認ができているので、安心して価値観の合う男性を探せます。一方で月額費用は7,700円からとリーズナブルなのも嬉しいポイント。男女ともに登録者は30代以上が中心で、公式サイトでは成婚実績も多数紹介しています。

現在、キャリ婚へ無料会員登録し、身分証明書を提出していただくと、人気男性12人をチェック可能。まずは体験してみましょう。

金沢悦子
金沢悦子
コスパの決め手は期間。そしてスピード婚の鍵は「相手の条件」を明確にすることです。キャリ婚では統計心理学であなたにとって幸せになれるパートナーの「本当の条件」を知るヒントをご提供してますので、ぜひ利用してくださいね。

IT・Web・SaaS系企業への「無料転職相談」始めました

婚活の前に、働く環境を見直したい! そんな方は「無料転職相談」をお申し込みください。先進的な勤務環境が整っているIT・Web・SaaS系企業を中心に、あなたの働き方にあったご提案が可能です。
>>無料オンライン相談に申し込む

TRY NOW

まずは《無料》登録でキャリ婚体験※18歳未満の方はご登録できません