女性が選ぶ婚活サイト「キャリ婚」へようこそ!アプローチするのは女性。対する男性は、事前面談を通過した「共働き志向の独身男性」だけが登録できる仕組みです。多数のメディアで活躍するアンバサダーの川崎貴子と金沢悦子が婚活の極意をお伝えします。

結婚には価値観や性格の相性が大事、とわかっていても気になるのがお相手の年収。実際、婚活市場では男性は年収によってモテ具合が変わってくるのも事実です。しかし、年収が高い男性と結婚すれば絶対に幸せになれるのか、というと違います。

もちろん、生きていくために収入は大事ですが、それ以外の条件と合わせて「最低限必要なこと」「優先順位」を考えることが大切。今回の記事では、婚活における収入と仕事に関する考え方を解説します。

婚活女性が定義する「普通の男性」は年収500万円以上。その現実は?

30代の婚活女性のみなさんに、結婚相手への希望をお伺いすると、よく出てくるのが「年収500万円以上」という数字。

この年収500万円を「普通」「最低限」と考えている女性が多いのですが、統計調査の結果を見ると、アラサー独身男性のうち年収500万円以上の方は約20%しかいないことがわかります。独身男性の年収の中央値は、30代前半で332.9万円、30代後半で341.7万円。もちろん、お住まいの地域などによって差はありますが、年収500万円以上は決して「普通」ではないのです。

「30代男性なら年収500万円はあるはず」という認識は改めましょう。

詳しいデータは以下の記事で紹介しています。さらに詳しく知りたい方はあわせてお読みください。

婚活で「普通の男性」に出会えない理由&出会う方法5選!男性に求めるスペックは?

譲れない男性の年収と他の条件を組み合わせて考えよう!

「収入は多ければ多い方が良い」と考えがちですが、結婚相手に対して、収入以外に全く条件がない、ということはありえませんよね。他の条件とのバランスや優先順位を考えてみましょう。

残業や転勤の有無、雇用の安定性と年収…男性に求める優先順位は?

結婚後の生活を考えると、お相手の仕事について年収だけでは判断できません。

激務の男性と結婚した場合、女性の家事・育児の負担は多くなりますし、男性が転勤となれば単身赴任や退職なども考える必要があります。また、同じ年収800万円でも自営業なのか会社員なのかなど、雇用形態の違いで今後の収入の見込みや安定性は変わります。

大切なのは「自分にとってどんな暮らしが理想か」。例えば、以下のようにさまざまな条件を組み合わせて比較し、どちらがより良いと感じるかを考えましょう。自分なりの優先順位を整理できます。

  • 残業が多い&年収800万円 or  残業が少ない&年収300万円
  • ハードワーク&年収800万円 or 時間に融通が効く&年収300万円
  • 転勤あり&年収800万円 or 転勤なし&年収300万円

必要な世帯年収の金額と、その金額をどうやって得るかを考える

結婚後共働きを続けるのであれば、生活に必要な金額はあなたとお相手、2人分の収入の合計で考えましょう。

必要な収入を把握できたら「自分の収入との差額をそのまま男性に求めるのか」「自分が転職などで年収を上げられるか」を考えてみてください。あなたが年収を上げられるなら、男性の選択肢を広げることができます。

現在の年収よりその男性の将来性を予測してみる

同じ年収300万円の男性でも「下積み期間が長い仕事で修行中」「資格の勉強のため仕事をセーブ中」「定年まで今の仕事を続けたい」など、現在の状況や将来の考え方はさまざま。業界の将来性によっても、印象は大きく違います。出会う男性の仕事内容や雇用形態、考え方を確認しましょう。

ビジョンのすり合わせが何より大切

今現在、安定した収入がある会社員男性であっても「結婚したら実家の農業を継ぎたい」「あと5年で別の仕事に転職したい」など思いもよらない話が出てくることも。現在の仕事について知っていれば安心、ではありません。将来のビジョンについても話し合うことが大切です。

いくら高収入でも…「生活費を渡さない」が離婚理由に

離婚理由のランキング上位である「金銭感覚の不一致」。その理由を深掘りすると「高収入の男性が生活費を十分に渡さない」ということが少なくありません。

お金に執着が強い倹約家の男性や、自分の趣味にしかお金をかけたくない男性には要注意。お相手の男性が、日頃何にお金を使っているか、結婚後の家計をどのように考えているかを確認しましょう。

なぜ「キャリ婚」の登録男性は、平均年収が高いのか?

キャリ婚の男性会員の平均像は30代後半、年収600万円台後半です。

キャリ婚は、働き志向の方向けの婚活サービスなので、会員男性の年収は、お相手に専業主婦を求める場合より低くてもよいはず。それなのに、比較的年収が高い男性が集まっています。その理由を、男性会員へのヒアリングから分析してみました。

結婚相談所では「専業主婦希望の女性」を紹介されることが多いから

年収が高い男性が結婚相談所を利用すると、共働き希望であっても専業主婦希望の女性を紹介されることがあるようです。

その理由は、そもそも高収入の男性が少ないため。女性が専業主婦を希望する場合、より高収入の男性を選ぶ必要がありますが、条件にあう男性の人数が少ないので、相談所側はダメ元で共働き希望者にもお見合いを打診しているのです。男性としてはミスマッチとなるため、不満に感じる方が多いようです。

仕事をしている女性の方が、感情的にならず「話し合い」で解決できそうだから

仕事をしていると、日々、上司や同僚、取引先などさまざまな方との交渉や調整が必要になりますよね。それは結婚生活でも同じこと。夫婦間でさまざまな違いに直面したときに、喧嘩せず話し合いで解決することが大切です。

リアルな結婚生活を思い描けている男性は、冷静に話し合いができる女性と結婚したい=仕事をしている女性はその能力が高いのでは、と考えています。

結婚相手とは仕事の話もしたいから

多くの高収入男性は、ご自身の仕事が好きでやりがいを感じています。しかし、仕事がうまくいかない時に励ましてほしい、悩みを共有したい、ということもあるもの。そんなとき、働いている女性の方が「こうしてみたら?」という的確なアドバイスを返してくれそうだと期待しているのです。

尊敬できる相手と結婚したいから

仕事のスキルアップを続けたい、周囲の人から刺激を受けたい、と日頃から考えている男性は、女性に対しても何か尊敬できる部分を求めています。そういった男性にとって、仕事をイキイキと頑張っている女性は魅力的。デートのときは、ご自身の仕事ややりがいについて話してみましょう。

まとめ

今回の記事では、婚活と年収についてお伝えしました。年収に限らず、数字だけで「絶対に幸せになれる正解」はわからないのが婚活。周囲の意見や情報、イメージに囚われるのではなく「自分にとって必要なこと」は何かを考えることが大切です。

キャリ婚では、男性会員には残業や転勤についても面談で確認し、プロフィール情報にも掲載しています。マッチングの段階で、年収や仕事について総合的に条件を整理できるのが嬉しいポイントです。

会員登録(無料)をしていただき、身分証を提出すると、男性会員へ「気になる!」を送れるようになります。ぜひマッチングまでご体験ください。

TRY NOW

まずは《無料》登録でキャリ婚体験