キャリ婚を通して出会いカップルとなったお二人に、登録のきっかけや出会いまでのエピソードをうかがいました。聞き手は、キャリ婚アンバサダーの川崎貴子(リントス株式会社代表)、金沢悦子(株式会社はぴきゃり代表)です。

女性は家事、男性は仕事という家族像に疑問を抱きキャリ婚へ

金沢:まずはキャリ婚を使い始めたきっかけから教えてください。

T子さん:私も彼も日経新聞のコラム記事がきっかけです。私は他のマッチングアプリで婚活をしていたのですが、女性が受身的で男性のサポートにまわるような暗黙の了解があるように感じて、少し婚活に疑問を抱いていたタイミングでした。

金沢:具体的にどのあたりで違和感があったのでしょう?

T子さん:女性が無料で、男性が有料のサービスって結構多いですよね。今の時代は、女性が結婚後も仕事を続けることに対して何か言う男性はあまりいないのかもしれませんが。家事は女性が主にやり、男性はサポート、そして仕事は男性が主という家族像をイメージされている方が多い印象を受けました。

金沢:一般的なマッチングアプリは、家事分担の程度とか、家事に対する考え方や意識レベルのようなものを確認するのが、ちょっと難しいですもんね。

プロフィールを見て、価値観が似ていると思いアプローチ

金沢:キャリ婚は、家事の話や結婚後のイメージなどを面談でもズバズバ伺っているので、そのあたりも感じつつアプローチされたかなと思いますが、彼のどこがいいなと思いアプローチされたのですか?

T子さん:プロフィールの回答から見えてくる価値観が、全体を通して自分とすごく似ているなと思いました。中でも「相手が海外転勤になった時にどうするか」っていう質問です。私は、もし自分も仕事の都合がつき海外に行けて、自分にとってもキャリアアップになるなら一緒に行くというのはありですが、相手について行くというのは嫌だなというふうに思ったんですね。彼も「海外転勤ができそうだったら行く」みたいな感じで書いていて。

M雄さん:今の仕事を続けたいという話から考えて、そういうふうに書いていたんですよね。

T子さん:その辺がちょっと似てるかなと思いました。

川崎:柔軟ですよね。芯があって柔軟みたいな。

僕は、同じ土壌で話し合える女性と出会いたかった

金沢:最初のメッセージって、どんな内容で送られましたか?キャリ婚は、女性側からファーストコンタクトを取らなきゃいけないので、結構悩む女性が多いんですよね。

T子さん:キャリ婚と他のマッチングアプリを併用していたんですが、キャリ婚は本当に自分が会いたいなと思った人だけにメッセージを送ろうと決めてやっていました。だからそんなにたくさんの人には送っていないんです。「こういうところに興味があるんですね」とか、「これについて話を聞きたいです」とか、「この辺りが気が合うと思ったんで、話ができると……」みたいな感じでメッセージを送ったと思います。

金沢:M雄さんは、T子さんからのメッセージをもらいどうでしたか?

M雄さん:キャリ婚は、メッセージがくるまでプロフィールを見れないじゃないですか。だからメッセージの内容がどうというよりも、メッセージがきたからプロフィールを見ようという感じでしたね。僕の場合は、プロフィールを見て、第一印象は「だいぶ強いな」って思いました。

川崎:強いって……。

M雄さん:プロフィールのここを見てどうこうというよりは、割と強めの回答を全般的に選ぶ感じだなと思って。「重要なことはどちらに決めて欲しいですか?」という質問に「私が決める」みたいな。でも、ふわふわした感じの方よりも、「そうそう、こういう感じの人と出会いたいな。自分にはそういう人のほうが合うかな」と思いましたね。

金沢:M雄さんは「強い女性についていきたい」みたいなタイプでもないわけですよね?

M雄さん:ないですね。最初の面談のときにもお伝えしたかもしれないのですが、いろいろなことを話し合えるというか、同じ土壌で話せる女性がいいなと思っていました。話し合おうとしても、「わかんなーい」「めんどくさーい」みたいになっちゃうと、「うーん、まぁいいんだけど……」ってモヤモヤしちゃうので。

川崎:ありがとうございます。そういう出会いをしてほしくてキャリ婚をつくったので、すごくうれしいです。

金沢:ちなみに女性はどんなメッセージを送るといいと思われますか?

M雄さん:メッセージが女性のプロフィールを見るきっかけという意味では、もしかしたらメッセージの内容はそこまで気にしなくても、ちょこちょこっと褒めるようなことを二言ぐらい書いて「じゃあ開けてみよう」と思わせるぐらいでいいのかもしれないですね。

婚活で初めて、会った日にこの人とずっと一緒にいたいと思った

金沢:最初に会ったときは、どんな感じだったのでしょうか。

T子さん:カフェでお会いしたのですが、すごく緊張しましたね。

M雄さん:コーヒーをすぐに飲み終わっていたので、帰りたいのかなって思いました。

T子さん:コーヒーを飲む以外にすることがなかったので……。でも話してみると、すごく面白くてすぐに打ち解けました。私は初対面でお酒を飲みに行くのは抵抗があり、これまでそういうことはなかったのですが、彼とは自然に「お酒飲みにいきましょうか」という話しに。結局8時間ぐらいずっと話をしていましたよね。これまでの婚活で初めて、お会いしたその日に私はこの人とずっと一緒にいたいなと思いました。

川崎:キャリ婚でカップルになられた方にお話を聞くと、最初に会ったときに何時間もおしゃべりしていたという方、けっこう多いんですよ。どんな話をされたのですか?

T子さん:なんだろう……。

金沢:何しゃべってたかも思い出せないぐらい、本当に自然体で、会話が途切れたとしても、何となく居心地がいいというか、そんな感覚があったんでしょうね。

T子さん:私の場合は会う前から、メッセージのやりとりしてる時からすごくありました。

M雄さん:僕は、彼女が知りたいだろうなということを、できるだけたくさん自己開示をしました。

川崎:すごい、素晴らしい!

少し先の未来を考え、相手を尊重し始まったお付き合い

川崎:「お付き合いをしましょう」というのは、どちらから言われたんですか。

M雄さん:正直に言うと、T子さんに会った後も、何人か会う約束が決まっていて、それをT子さんに伝えて、「どうしますか?」って聞いたら「私は、答えが出るまでは婚活やめます」って言われて。それで「一応決まってたのだけちゃんとやるから、ちょっと待ってて」みたいな感じで待っていただいて、1週間、2週間ぐらいかな、一通り日程を終了したところで、晴れてという感じです。

川崎:そこでT子さんが、「私は婚活をやめるんだから、あなたもやめて」みたいなことを突きつけないところがまた、素敵ですね。

T子さん:それは言わなかったですね。というか、全くよぎらなかったわけではないですが。でもそうは言っても、きちんとやりきるというか、後になって「あの時ああしていれば」みたいに思われるのが一番嫌でした。私は半年ぐらい婚活をやっていたので、もう自分はいいかなと思ったんですけど、彼のほうは始めて日もたっていなかったので。やっぱりお互いに納得感がある状況が必要かなというふうに思いましたね。

川崎:いや、大人!素敵です。なんかそういう相手寄りのことも尊重して、ちょっと先の未来も考えてっていう対応ができるって大事だなって、お話を聞いていて思いました。うまくいくカップルって、これだけが決め手というのではなく、何となく「あぁ、この人だ」ってふわってわかるやりとりをしていて、これもこれも合点がいくってあると思うんですよね。それってお互いに、こういう人って決めていたからですか?それとも会って「あっ、こういう人いいな」っていうふうに思ったからですか?

T子さん:もともと主体的に生活していける相手がいいと思ってました。キャリ婚でそれが叶うかもしれないなという淡いイメージを持って登録をして、実際会ってみたら期待以上でした。

金沢:お付き合いして印象に残っている出来事ってありますか?

T子さん:お付き合いして1カ月ちょっとですが、誕生日にクリスマス、年末のお疲れ様会に、七福神巡りに、熱海旅行と色々な出来事がありました。クリスマスは喧嘩も。熱海旅行では、神社で恋みくじを引いたら、なんと全く同じおみくじを引き当てました。しかも内容が、私たちにぴったりの内容で、神様にも認めていただき運命かと思いました(笑)。

一緒にいて全く違和感がないですし、前から一緒にいるような感覚や、これからも一緒にいるんだろうなという感覚があります。

キャリ婚をお使いの皆様へ一言

川崎:コロナ禍で婚活をどうしようか迷っている方って多いと思うのですが、そういう方に一言いただけますか。

T子さん:多数の方とお会いするのは、難しい状況だと思いますが、こういう時だからこそ、家族のありがたみというか、自分の近しい人のありがたみをすごく感じます。キャリ婚は他の婚活アプリとは全く違うサービスで、自分自身でキャリアを積み上げていきたい女性、一緒に頑張っていけるパートナーを探したい男性、人任せでなく主体的に婚活に取り組んでいきたい方々に、すごくおすすめです。

女性だけが見られる面談者からのコメントもすごくしっかり書いてあり、会う前にわりとイメージができましたし、書いてある内容も、その通りでした。

M雄さん:コロナ禍で会うのが難しいというのはあるのですが、かわりに考える時間がきちんと取れるので、それは良い面だと思います。男性目線だと「きれいなお嫁さんがいい」みたいな話とかもあるのですが、これから生きていくことを考えると、ちゃんと一緒に生活をしていける人というか、そこを大事にできるような人がいいなと僕は思いました。

このたびは素敵なお話をお聞かせくださりありがとうございました。 キャリ婚は、お二人の末永い幸せを心よりお祈りしております!

従来の婚活サイトとまったく異なる「キャリ婚」で、いま多くの女性が婚活を始めています。まずは無料登録で体感してください。

>>女性無料会員登録はこちら
>>男性無料会員登録はこちら

TRY NOW

まずは《無料》登録でキャリ婚体験