女性が選ぶ婚活サイト「キャリ婚」へようこそ!アプローチするのは女性。対する男性は、事前面談を通過した「共働き志向の独身男性」だけが登録できる仕組みです。多数のメディアで活躍するアンバサダーの川崎貴子と金沢悦子が婚活の極意をお伝えします。

川崎貴子
川崎貴子
勇気を出してメッセージを送ったのに返信が無いとへこみますよね。でも、返信率を上げる方法が解れば婚活はもっと楽しいものになるはずです。是非ご一読ください♪

マッチングアプリでメッセージのやり取りが始まっても、返事がもらえない、続かない…といったお悩みは、非常に多く聞かれます。
ラジオdeキャリ婚のお悩み相談室に、実際に寄せられた声をご紹介します。

「オンライン婚活で、以前に気になる人にメッセージをしましたが、返事が来なかったので自信がなくなってしまいました。」
ラジオdeキャリ婚

リアルな出会いやデートにおいても、第一印象はその後の関係性を決める重要なもの。マッチングアプリでは、最初のメッセージがそれに当たります。この記事では、最初のメッセージで避けたいNG例について学んだ上で、好印象を持ってもらえる、返信率が上がるメッセージを書く方法について詳しく解説します。今すぐに使える例文付きですので、最後までぜひチェックしてみてくださいね!

最初のメッセージでしてはいけないことや、好感度を下げる文章とは?

まず、初回メッセージで絶対にやってはいけないNGポイントが4つあります。最初のメッセージを送る前にこれらの点に気をつけるだけで、今日からお相手の男性からの返信率がグッとあがりますよ!

NG例1:誰にでも当てはまる、テンプレートのような挨拶だけの内容になっている

「はじめまして!いいねありがとうございます。」
「マッチングありがとうございます。よろしくお願いします。」

最初は無難に、まずはこんなシンプルな一文を送ってしまうケースは多いと思います。ですが、やり取りをしているお相手が人気会員の場合、複数の相手からメッセージを受け取っていることが多いもの。ありふれた内容ではその他大勢に埋もれてしまいます。返信優先度の上位に選んでもらうためには、短いながらも個性をアピールできる内容になっていることが必要です。
また、あいさつだけだと「自分から話題をふらないといけないのか」と面倒に感じる人もいます。

NG例2:マッチングのお礼がない

無数の会員の中からマッチングできたご縁に、まずは感謝の気持ちを必ず伝えましょう。
お相手の方はとても忙しい中、貴重な時間を割いてあなたのプロフィールを読んでくれたのかもしれません。あなたとマッチングできて嬉しい!という気持ちが伝わる「ありがとう」の言葉が入っていると、お相手の男性が返信したくなるメッセージになります。

NG例3:文章が長すぎる

パッと見の印象で「文字や情報量が多い」と感じるメッセージはそれだけで返信がおっくうになるものです。
具体的には、初回のメッセージの文章では

  • 文字数は130文字以下
  • 適度に改行を入れながら7〜8行まで

の長さにおさめましょう。
なぜなら、一般的に10行を越える文章を人は「長文」と感じるからです。また、人が一度に読める文字数は13文字まで、という研究結果もあります。

この落とし穴に意外とはまりやすいのが、普段からお仕事などで文章を書き慣れている方。「〜ございます」「〜いただけますか」などの語尾は文字数が増えがちです。
また、漢字が多い文も堅苦しい印象を与えます。適度にひらがなを入れ、読みやすい文章を心がけましょう。

NG例4:質問に答えづらい

やり取りの中に質問を混ぜるのは、昔からの王道のテクニックですが、マッチングアプリに限らずメールやLINEでも返信率を高めるのに非常に有効です。ただ、あくまで「簡単に答えられる質問」であることが条件です。

「もう何人かと出会えましたか?」
「どうして私にいいねしてくれたんですか?」

など、つい聞いてみたくなるけれども相手が気軽に答えづらい質問は、初回のメッセージでは避けるべきです。どうしても確認したいのであれば、何度かメッセージの交換を重ねてからの方が無難でしょう。

【例文付き】好感を持ってもらえる最初のメッセージはこう書こう!

マッチングアプリで初回に送りたい理想のメッセージ例をご紹介します。ごく普通の文章に見えるかと思いますが、短い中に男性が思わず返信したくなるポイントがギュッと詰まっています!

はじめまして、いいねありがとうございます。△△と言います。

私も初心者ですが写真が好きなので、「カメラが好き」とプロフィールで拝見して、楽しくお話しできそうだなと思いました。普段はどんな写真を撮っていますか?

よろしければ、一緒に写真のお話ができたら嬉しいです。
ボタンを押し間違えた場合は、どうぞそのままでお願い致します。

ポイント1:自分から名前を名乗る

イニシャルなどで名前を登録している方も、マッチング後のメッセージでは自分から名前を名乗りましょう。イニシャルのままだとメッセージの中で呼びづらく、警戒されている印象を与えます。下の名前や呼びやすいニックネームがおすすめです。
また、すでに相手が先に名乗っている場合は、メッセージの中で相手の名前を呼んであげると好印象です。「ネームコーリング」という心理効果で、人は会話の中で自分の名前を呼ばれると、会話相手に対して「この人は私に好意を持っている」と意識するようになるそうです。

ポイント2:なぜあなたに送ったのかの理由を伝える

「なぜ相手にメッセージを送ったのかの理由」を伝えると、他の誰でもなく「あなただから送った」という特別感を出すことができます。
理由は凝った内容である必要はなく、

  • 自分と相手の共通点
  • 相手の趣味
  • 相手の登録している写真

のいずれかについて簡単に書いてあればOK。
それだけで、テンプレートではなく相手のためにカスタマイズされたメッセージになります。
もし余裕があれば、お相手のプロフィールの中から、相手が掘り下げて欲しいと思っていそうなポイントを探してみましょう。

ポイント3:「嬉しい」「好き」などの感情表現の単語を入れる

男性はメッセージの段階から脳内で「この女性と恋愛して楽しいだろうか?」というシミュレーションをしています。
「嬉しい」「楽しい」「おいしい」「きれい」「好き」などのポジティブな感情表現の単語がたくさん入った文章は、それだけで明るく素直な印象を与えます。「この人と恋人になれたら楽しそう」というイメージを抱かせるので、これらの単語はメッセージの中で積極的に使いましょう。
特に「好き」という単語は繰り返し使うことで、音から「この人は自分に好意を持ってくれている」と無意識に感じさせる効果があります。

ポイント4:自分本位ではなく、相手を思いやる姿勢が感じられる

最後に「もし誤操作でマッチングしてしまったのであれば、気にせずスルーしてね」という一文を入れられたら、ここまでの気遣いで一文を割ける人はなかなかいないのでパーフェクトです!
メッセージ全体でも同じく言えることなのですが、「自分の都合優先ではなく、あなたのことを考えていますよ」という姿勢を伝えることができたら、仮にマッチングした時点ではそこまで興味がなかったお相手だとしても、かなりの確率で返信がくると考えて良いでしょう。

素敵なメッセージを作れるようになったら、自分からアプローチしてみよう!

ここまで読んでくださった方は、初回のメッセージで押さえておくべき基本的な知識はもう完璧。あとは、スキルを実際にどんどん使ってコツをつかみましょう。きっと今までとは違う手応えに驚くはずです。
そして、せっかくスキルアップをしたのだから、相手からのメッセージを待つだけではなく、自分からも積極的にメッセージを送ってみましょう。自分からもどんどんアプローチをするのが、自分の好みの男性と出会うための最短コースです。

キャリ婚とは?

「キャリ婚」は、女性側のアプローチのみで出会える、数ある婚活・恋活サービスの中でも唯一のサイトです。男性の利用会員は全員が面談に合格した方で、安全安心に出会えるのも嬉しいポイント。
「好きな人には好かれず、嫌いな人からは好かれる」という婚活ジレンマから逃れるためにも、待っているだけではなく自分が素敵だなと思う男性に自分からアプローチすることが大切ですよ!

まとめ

以上、マッチングアプリで好印象を持たれる最初のメッセージの作り方についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

マッチング後の最初のメッセージは、何度経験しても緊張するもの。第一印象でしっかり好印象を持ってもらえれば、返信率がアップするだけでなく、他のユーザーと大きく差をつけることができます。こちらの記事を参考に、ぜひ次につながるメッセージへと磨き上げてみてくださいね。

あなたが素敵な結婚相手と出会えますように。心から応援しています。

キャリ婚は、女性からしかアプローチできない、新しい時代の婚活サイト。
無料会員登録をしていただき、身分証明書を提出すると、人気男性12人をチェックできます。
今までにない婚活のカタチを体験してみませんか?
無料会員登録はこちらから

川崎貴子
川崎貴子
最初のメッセージを上手く作れるようになれば返信率も上がり、返信率が上がればマッチング率が上がります。この記事で勉強したことを是非是非実践に生かしてください!応援しています。

TRY NOW

まずは《無料》登録でキャリ婚体験