こんにちは、キャリ婚事務局です。

会員の皆さまに役に立つ情報をお届けする事務局ブログ。

年齢を重ねるほど異性を見る目がある意味で”肥えて”しまうのは、経験を積んだ女性であれば当然のこと。
実際に初対面の男性とデートしてみると「なんか無理!」と思ってお断り、なんて経験はありませんか?

自分が相手に求める希望を書き出してイメージ・トレーニングすることも効果がありますが、
デート後にモヤモヤしてしまったときには「自分にとって何が引っかかったのか」を一度ピックアップしてみましょう。

1)気になってしまった、気持ち悪いと感じた、イライラしたことを箇条書き

例:
・お店を選んでくれない
・食べ方が汚い
・知的な会話ができない
・ボディタッチが激しい
・匂いが苦手
・割り勘だった

2)「耐えがたかった順」に並び替える

例:
1. 匂いが苦手
2. 食べ方が汚い
3. ボディタッチが激しい
4. お店を選んでくれない
5. 割り勘だった
6. 知的な会話ができない

3)「絶対に耐えられない」と「耐えられなくもない」の間にラインを引く

例:
1. 匂いが苦手
2. 食べ方が汚い
———————————
3. ボディタッチが激しい
4. お店を選んでくれない
5. 割り勘だった
6. 知的な会話ができない

4)「耐えられなくもない」項目について、譲れる部分や代替ができないか考える

例:
・もしそれ以外の要素が自分の理想とマッチするなら気にならないのではないか?(お店を選んでくれない、ボディタッチ等)
・周囲の友人や知人で代替できないか?(知的な会話等)

譲れない、代替が難しそうであれば、 3)の「絶対に耐えられない」ほうに移動しましょう。

 

婚活をしていると、たまに自分の好みがわからなくなり、お相手として良い人なのかどうか判断ができなくなってしまうことがあります。
そんなときはデートごとに上記の4ステップで自分の趣味嗜好を見直すと、気持ちが整理され、また一歩前に進めるのではないかと思います。

 

キャリ婚が貴女のご縁を紡ぐ一助になれば幸いです。

皆さまの婚活を事務局スタッフ一同心より応援しております。