こんにちは、キャリ婚事務局です。

会員の皆さまに役に立つ情報をお届けする事務局ブログ。

マッチングアプリ、結婚相談所、お見合いパーティーなど、婚活サービスと呼ばれるものは現在いくつもありますね。
とある婚活サービス提供会社が行ったアンケートでは、7割以上の男女が「婚活疲れ」を感じたことがあると回答しています。

本日は、「婚活疲れ」とその対処法についてお話したいと思います。

 

「婚活疲れ」って何?

好意をもったお相手から連絡が途絶えると残念ですし、仮にタイプではない相手からお断りされても心は傷つくものです。結婚相談所もお断りの理由をはっきり伝えられることは少ないですから、モヤモヤした気持ちはどうしても積み上がっていくでしょう。

理想通りにことが進まないのはストレスです。だんだんと「私は誰にも必要ない人間なのではないか」と自分に自信がなくなっていきますね。

 

疲れたときの対処法

そんなとき、どう乗り切ればよいでしょうか。
キャリ婚から三つ、アドバイスです。

一、ネガティブな言葉は使わない(=ポジティブな言葉に変換!)
一、自分を責めない(=反省だけすればOK)
一、不安や悩みを気軽に話せる相手やコミュニティを見つける(=ひとりで抱え込まない!)

ポジティブな言葉に変換する方法は主宰の川崎貴子がよく話していることです。
小さなことですがとても効果があるので、だまされたと思ってぜひやってみてくださいね。

二番目については、反省点を探しすぎるのもNG。
大きな理由なくただ生理的に合わないと感じることはお互いあります。
「一回の出会いから1つ改善点を探す」くらいのゆるいルールでもいいかもしれません。

同じ立場のひと同士で交流する場を持つこともガス抜きになるでしょう。
キャリ婚主宰の川崎貴子と金沢悦子が運営する「婚活結社 魔女のサバト」では実際に多くの女性が互いに励ましあって次の出会いに繋げています。

 

結婚相手となる”たった一人”と出会うことができればいい。
そう考えて、疲れたときは歩みをゆるめてゆっくり進みましょう。

 

キャリ婚が貴女のご縁を紡ぐ一助になれば幸いです。

皆さまの婚活を事務局スタッフ一同心より応援しております。