Question

これまで付き合った恋人が、ほとんど「だめんず」でした。借金、浮気症だけでなく、DVやモラルハラスメントをする人とも、何人かお付き合いしたことがあります。

もう、結婚するにあたって、DVやモラハラをしない男性を見分けて選ぶ自信がありません。また同じように、付き合ったり結婚したりしたら豹変する男性と一緒になってしまうのではないかと、とても不安です。

(※投稿内容を一部、読みやすいように編集させていただいております。)

 

Answer

私も、離婚した後、自分の見る目が無かったからだと思い、友人達に相談した経験があります。そして、私の事をよく知る友人達のアドバイス「周囲にいる漢字の職業はダメ、横文字職業の男性にしろ」に、「それは思いもよらなかった!」と、目から鱗がボロボロと剥がれたものです。

確かに、だめんずばかり続けば自分の見る目を疑ってしまいますが、もしかしたら相談者さんも、かつての私と同じように、自分の生活している範疇だけで男性と付き合ってきたのではないでしょうか?

また、自分から好きになったのではなく、好きになってくれた人の中からお相手を選んできたのではないでしょうか?だめんず男性は驚くべき嗅覚で「自分を許してくれそうな女性」を嗅ぎ分けますので、疑うべきはご自身の「人を見る目」よりも「だめんずに選ばれてしまいがち」の方かもしれません。

できる自衛としては、「選ばれる女」という概念を見直すことです。

ご自身がどういうパートナーと一緒になれば幸せになれるのかをしっかりイメージし、相談者さんがご自身のフィールドの外へ出て、男性を選び、幸せをつかみ取る事が大切だと私は思います。

(川崎貴子)

恋の相談室は「ラジオ de キャリ婚」に移行しました。こちらよりお気軽にご相談をお寄せください。
※女性会員さまの回答を優先しています。投稿時はキャリ婚のご利用をお知らせください
※必ずしもすべての質問への回答をお約束するものではありません
※恋の相談室での回答はこちらにまとめています

TRY NOW

まずは《無料》登録でキャリ婚体験