Question

婚活で出会った男性に外見を褒められると「この人は私の顔しか見ていない。プロフィールも頑張って書いてるのに私の内面はどうでもいいんだ。どうせ年取って外見が劣化したら飽きるんでしょ?」という考えが湧いてきてしまいます。

別に私はそこまで美人でも無いけれど、外見が大切なのもすごくわかります。わかっているけどなんだか嫌なのです…。

自分でもめんどくさいしこじらせてると思うのですが、良い考え方に転換できるアドバイスをお願いしたいです。

(※投稿内容を一部、読みやすいように編集させていただいております。)

 

Answer

写真って実物と違う場合もあるので、多かれ少なかれ皆ギャップをおそれながら会いますよね。そうして実際会ってみて、良い印象を持てばなんらか褒めるものだと思います(悪いほうにギャップがあった場合は何も触れないでしょう)。

それはポジティブな気持ちを伝えることで相手と良いコミュニケーションをしたいという思いの表れで、自然なことです。

きっと相談者さんはそのあたりはわかった上で、相手が外見を褒めてきた時点で評価が自動的にマイナスになってしまうのを止めたいとご相談くださったのかもしれません。

僕からの回答は、無理にポジティブに考えを変える必要はない、ということです。

最初のデートはいわば書類選考後の一次面接。「お試し」です。
初対面で合わなかったらそれで終えていい。

ただ、その数時間だけは「この人は私のどこを気に入ってこういうことを言っているんだろう」と男性の話や様子から汲み取ろうと努力してみてほしい。その上で、私はこういう褒め方があまり好きじゃないんだなと納得して次に行くのは良いことだと思います。

中には外見のことに一切触れない男性もいるでしょうし、あなたが嬉しいと思えるような言葉をかけてくる男性もいるはずです。そういった男性は次のデートに誘ってみてください。

プロフィールに書かれている価値観って実はけっこう深く付き合っていかないとわからないので、最初のデートだけで内面を判断するのは難しいもの。あなたの障壁を突破してくる男性と出会って、デートを重ねることで知っていってほしいと思います。

(二村ヒトシ)

恋の相談室は「ラジオ de キャリ婚」に移行しました。こちらよりお気軽にご相談をお寄せください。
※女性会員さまの回答を優先しています。投稿時はキャリ婚のご利用をお知らせください
※必ずしもすべての質問への回答をお約束するものではありません
※恋の相談室での回答はこちらにまとめています

TRY NOW

まずは《無料》登録でキャリ婚体験