女性が選ぶ婚活サイト「キャリ婚」へようこそ!アプローチするのは女性。対する男性は、事前面談を通過した「共働き志向の独身男性」だけが登録できる仕組みです。多数のメディアで活躍するアンバサダーの川崎貴子と金沢悦子が婚活の極意をお伝えします。

婚活をしても良い出会いに恵まれないとき、「妥協するくらいなら結婚しなくてもいい」と考える婚活中の女性も、中にはおられるでしょう。もちろんお相手男性に対して、譲れない条件を持つのは大事。しかし、あなたの中での「妥協してもいいライン」を見直すことによって、お相手選びの選択肢がぐんと広がる可能性があるんです。

今回は、30~40代女性の婚活で非常に多いお悩み、結婚相手の「妥協ライン」についてじっくり解説します!

婚活で妥協が必要だと言われる理由

婚活をしていると「結婚をしたいなら、ある程度の妥協も必要だよ」と諭されることがあります。ここで言う「妥協」とは、結婚相手の条件を下げる=高望みをしないということ。でも当の本人は高望みしている気はないのですよね。

例えば、「自分の年収と同じぐらいがいいから、年収は700万円以上がいいな」と考えている場合、そこまで高望みとは感じません。でもここに「身長が自分より10cm高い」「年齢は同じ」など複数の条件が重なると、一つずつの条件は常識的であっても、グッと対象となる男性が減ってしまうのです。

川崎貴子
川崎貴子
キャリ婚に登録されている男性の場合、「年収700万以上」の方は全体の約4割、「身長170cm以上」の方は全体の約7割です。それぞれ単独であれば、それなりの人数がいますが、両方の条件を兼ね備えているとなると、対象となる男性は全体の約3割と減ってしまいます。

それで世間は、「そんな人はなかなかいないから、もっと広く男性を探した方がいいよ」という意味で「婚活には妥協が必要」だと言うのです。とはいえ、「自分はどうしたらいいの…?」というお悩みが出てきますよね。

婚活女性が呑めない結婚相手への妥協とは?

「婚活女性のわがまま」とネガティブな意味で捉えられがちな「妥協」ですが、誰にだって「これは呑めない」というラインはあって当然です。結婚相手の条件を妥協をするにしても、しっかり持っておくべき最低ライン、婚活女性が妥協してはいけない男性の条件について、具体的に見ていきましょう。

1.婚活で妥協NGライン:不衛生

身だしなみには、その人の生活態度や価値観が顕著に現れます。社会人として最低限のマナーである清潔感がない人と、今後の生活を共にするとはあまり考えたくないですよね。改善できるレベルではないくらい不衛生な人は、避けた方が無難です。

2.婚活で妥協NGライン:収入もやる気も極端に低い

男女問わず、何事にも熱心に取り組んでいる人は素敵ですよね。逆に、仕事に対する意欲がなく収入は低い、特に趣味も目標もない…というような人は、男性としてあまり魅力的に映らないでしょう。お互いに高め合っていけるパートナーを選ぶ方が、生活にも張りが生まれます。

3.婚活で妥協NGライン:会話が続かない

「女性が話を振っても、男性からは一問一答式のように淡々と答えが返ってくるだけ」というのは、婚活ではよくある話。多くの場合は人見知りや緊張によるものだと思いますが、やはりコミュニケーションの基本は、相手の答えを受けて話を広げたり質問を返したりするものです。ぶっきらぼうに返事するだけの男性は、長い時間一緒にいると気を遣って疲れてしまうかもしれません。

4.婚活で妥協NGライン:女性蔑視や社会への恨み言が多い

「女って皆~だよね」といった女性蔑視ともとれる決めつけや、社会への恨み言などネガティブな発言が目立つ男性は要注意。モラハラ気質だったり、極端に自己肯定感が低かったりと、人間性に問題がある可能性が高いです。全員がそうだとは限りませんが、男性の発言が少しでも気になった場合は、注意した方がいいでしょう。

婚活女性が再考してもよい結婚相手への「妥協ライン」5条件

良い男性が見つからないとお悩みの婚活女性は、「これくらいなら呑めるかな?」という妥協ラインを探ることで、結婚相手の真の条件が明確になります。具体的にどこを妥協すべきか分からない場合は、「ここなら妥協してもいいのでは?」という結婚相手の5条件をご紹介するので、参考にしてみてくださいね。

1.婚活で妥協OKライン:服装や髪型がイケてない

初対面でこちらは気合を入れてオシャレして来たのに、お相手男性のファッションがダサい、髪が伸びきってボサボサだとかなりテンションが下がりますよね。でも、そこですぐに見切りをつけるのはまだ早いです!服装も髪型もあなた好みに変えようと思えば、後からいくらでも変えられる部分。もしかすると、磨けば光る原石の可能性もありますよ!

2.婚活で妥協OKライン:話すテンポが合わない

一生懸命会話を繋げようとしてくれてるけれど、なぜか嚙み合わない…そんな経験はありませんか?慣れない空間で初対面の女性と話すことに、緊張してしまう男性は多いです。慎重に言葉を選んで話していると、普段よりも会話のテンポはどうしても遅くなってしまいます。これは女性に対して誠実に接している証拠。そして、慣れてくれば普通に話してくれる場合がほとんどなので、あまり気にしすぎず会話を楽しみましょう。

3.婚活で妥協OKライン:年収が自分より低い

「男性の年収は自分より高い方がいい」「自分より収入がある人の方が尊敬できる」という女性は多いですが、今は自分と男性の年収が同じもしくは低かったとしても、今後変化する可能性は十分にあります。現時点での年収よりも、男性の仕事に対する意欲や今後の目標などに着目する方が良いでしょう。

4.婚活で妥協OKライン:趣味が合わない

夫婦やカップルで一緒に趣味を楽しめたら素敵ですし、憧れますよね。だからといって、男性と趣味が全く違った場合に、「あなたとは趣味が合わないからダメ」と切り捨てるのは少し勿体ないかも。また、どちらかが無理に相手と趣味を合わせる必要もありません。お互いの趣味を尊重し、それぞれが自分の趣味を楽しむ時間を作れば、一緒にやらなくても有意義な時間を過ごせます。

5.婚活で妥協OKライン:LINEの頻度が合わない

「いつも彼からの返事が遅いから脈がないのかな?」「すぐに返信がくるけど対応しきれない」等、連絡頻度はライフスタイルや価値観によって人それぞれ。もし気になる男性との連絡頻度にモヤモヤすることがあれば、まずは話し合ってみてもいいかもしれません。「1日1通はやりとりできると嬉しい」「仕事が忙しくて返信が遅くなる時もある」など、自分の思いを正直に伝えれば、ちょうどいい二人の連絡頻度を見つけることができるはずです。

変えられることと変えられないこと、話し合って解決できることとできないことを見極めて、あなたの中の「妥協ライン」を見つけてみてください。そうすれば男性の幅が広がり、新たな出会いのチャンスが増えますよ!

真の条件が見つかったら、すぐに婚活しよう!

結婚相手の真の条件が見つかったら、あとは行動あるのみ。働く女性に納得の出会いを提供する「キャリ婚」は、女性が男性を選ぶ、まったく新しい婚活サイトです。価値観重視で選べるようにプロフィールが充実しているのも特徴!マッチングまで無料で体験いただけますので、お気軽に始めてみてください。

最後に、理想の男性の条件を明確にしておくことで、キャリ婚を通じて素敵なパートナーに出会い、入籍されたSさんのカップルレポートをご紹介します。

婚活をする中でうまくいかないことがきっとあると思うんですけど、キャリ婚なら自分に合った人が見つかると思います。自分に合う人というのは……ちゃんと「こういう人がいい」というのを先に考えておくのがいいと思います。それに合いそうな人を、色々と条件を変えて検索したりしながら進めるというのがオススメです。(Sさん30歳エンジニア)

キャリ婚カップルレポートvol.009(Sさん30歳エンジニア)

IT・Web・SaaS系企業への「無料転職相談」始めました

婚活の前に、働く環境を見直したい! そんな方は「無料転職相談」をお申し込みください。先進的な勤務環境が整っているIT・Web・SaaS系企業を中心に、あなたの働き方にあったご提案が可能です。
>>無料オンライン相談に申し込む

TRY NOW

まずは《無料》登録でキャリ婚体験