女性が選ぶ婚活サイト「キャリ婚」へようこそ!アプローチするのは女性。対する男性は、事前面談を通過した「共働き志向の独身男性」だけが登録できる仕組みです。多数のメディアで活躍するアンバサダーの川崎貴子と金沢悦子が婚活の極意をお伝えします。

マッチングアプリを使った婚活では、友人や職場、仕事の関係者といった自然な流れでの恋愛、結婚相談所などを利用した婚活とは異なるコツがあります。マッチングアプリでは限られた情報から会う人を決めなければいけないので、最初にある程度自分の魅力を伝えられないと出会えませんし、いざデートしてみたら印象が違ったり、緊張で空回りしたり……、という失敗を経験する方が多いようです。

今回の記事では、マッチングアプリでの婚活で失敗しないために、気をつけるべきポイントやその理由について「見た目」「プロフィール情報」「初デート」の3つに分け、特に普段お仕事を頑張っている30代女性向けに解説します。

婚活を失敗しないために!写真は自分らしさ×好印象を意識

マッチングアプリで出会う場合、最初にポイントとなるのが「見た目」。もちろん、恋愛や結婚、その後の生活においては中身が大事なのですが、それ以前に男性に「この女性のことを知りたい」と思わせる要素は外見です。

しかし、外見が魅力的=美人や可愛い人、年齢が若い人、ではありません。自分らしい魅力を引き出せるようにメイクやファッション、写真の撮り方や表情など、工夫できることはたくさんあります。

写真は盛りすぎない

写真はもちろん第一印象を決める大事なポイントですが、加工しすぎはNG。加工写真でマッチングできたとしても、実際に会ったときにギャップがあると、事前の期待が高かった分大きなマイナスの印象を与えてしまいます。

自撮りで写真を撮ろうとするとどうしても不自然になりますし、「私ってこんな顔?」とよくわからなくなって加工しすぎに陥りがち。写真が得意な友人やプロのカメラマンに撮ってもらうなど、第3者の目線を取り入れることをおすすめします。

モテを意識しすぎない

婚活ファッションやメイクは「パステルカラー」や「ふんわり女子アナ系」といわれることがありますが、これは全ての女性にとっての正解ではありません。似合わない方の場合は、暗い印象になったり、無理をしているように見えたりして、王道婚活ファッションが似合う女性に負けてしまいます。

人に与えたいイメージと、自分に似合うもののバランスを考えてみましょう。「どんなものが良いかわからない」という方は、パーソナルカラー診断や骨格診断、パーソナルスタイリストなどのサービスを利用するのがおすすめ。年齢によって似合うものは変化するので、アップデートも必要です。

婚活を失敗しないために!プロフィールはフックだと心得る

アプリ婚活で、写真と共に自分の第一印象を決めるプロフィール。その情報はデート時の会話のきっかけになりますし、どんな印象を与えるかでマッチングする男性の傾向は大きく変わります。

自分を飾りすぎず素の姿を伝えることと、出会いたい男性に「一度話してみたい」と思わせる演出力のバランスが大事です。

趣味のヨガ・カフェ巡りはいったん封印

多くの婚活女性がプロフィールに書いているのが「趣味:ヨガ、カフェ巡り」。女性らしい印象を演出できる無難なもの、と思っている方が多いようですが、男性側からするとこの2つに知識がない方が大多数。会話のきっかけになりにくいため逆効果です。

男性ウケを意識しすぎず、本当に自分の好きなものを書くと価値観が近い人を見つけやすくなりますよ。「鉄道旅が好き」「登山やスノボによく行く」など、女性人口が少ない趣味も男性によっては好印象。映画鑑賞や音楽鑑賞は具体的な作品名を書くのがおすすめです。

ヨガやカフェ巡りを趣味として書いても大丈夫なのは、本格的にヨガに打ち込んできたヨガマスターや、毎月何件もマイナーなカフェに行っていて本当に詳しい女性だけ。その場合はありきたりな印象にならないよう、どんなこだわりがあるかを書きましょう。

家庭的な趣味は推しすぎ注意

料理などの家庭的な趣味や特技は婚活ではポイントが高い、というのは事実なのですが、マッチングの時点でアピールしてしまうと、良妻賢母を求める男性や家事を女性に任せたい男性を引き寄せてしまう可能性があります。

共働きで家事もしっかり分担、という結婚生活が理想ならば、あえてプロフィールには書かず、何回かデートをして「この男性いいな」と思ってから伝えた方が切り札になります。

婚活を失敗しないために!初回デートは面接や接待ではない

普段、お仕事を頑張っている婚活女性にありがちな特徴として「婚活がまるで仕事のようになってしまう」ということが挙げられます。必ずしも悪いことではないのですが、せっかくデートをしたのに、お互いが恋愛・結婚の対象として意識できなくなる、という原因になっていることもあるので気をつけましょう。

盛り上げすぎはNG

男性とのデートのとき、「いい人そうだし頑張ろう!」「話題が広がらない、私がなんとかしないと」などと考えて、接待のように盛り上げようとしていませんか?
その気持ち自体は素晴らしいのですが「楽しかったけれど、友達みたいで女性としては好きになれない…」と思われてしまいがち。女性側としても、婚活を続けることに疲れてリタイヤ…という末路を辿ってしまう方が少なくありません。

まずは落ち着いて、普段のあなたに近いテンションを意識することが大切。結婚で重視したい価値観など、お互いのことをしっかり会話できるようにしましょう。

スペックばかり確認しない

学歴や年収、家族構成などは結婚相手を考える上では大事な要素。しかし、スペックのことばかり質問してしまうと、相手としては面接で点数をつけられているような気持ちになり、「中身を見てくれない」「条件が合う相手なら誰でもよいの?」と思われてしまう可能性大です。

質問するときは「学生時代思い出に残っていることは何ですか?」「趣味の〇〇はどんなところが楽しいんですか?」など、スペックに絡めて相手の考え方や価値観がわかる話を掘り下げていきましょう。

お礼はしっかり、礼儀を忘れない

婚活中は、お相手の男性からお茶やご飯などをご馳走になる機会が多いと思いますが、それを当然と思って振る舞わないことが大切です。もし、デート中あまり話が合わず「次はないな」と思ったとしても「ありがとうございます」のひと言は必ず伝えましょう。

「もう会わないからいいや」という態度や行動は、その場は問題なくてもあなたの人間力を無意識のうちに下げてしまいます。「デートする=時間を使ってくれている」ということを忘れてはいけません。

まとめ

男性も女性も1人ひとり違う個性がありますから、婚活には絶対的な正解はないのですが、今回取り上げたことは、すべての婚活女性の方が意識してほしい、「出会いを逃さない」「ミスマッチをなくす」「恋愛・結婚モードに向かう」ためのコツです。婚活疲れの結果、続けることを諦めて婚活失敗…という末路を防ぐために、ときどきご自身のことを振り返ってみてください。

今回の記事では、婚活に失敗しないために見直すべき3つのポイントを紹介しました。男性から自分がどう見えるかを意識するとともに、悩むことがあっても自分らしさを忘れないことが大切といえるでしょう。

キャリ婚では、現在無料会員登録をして身分証明書を提出、本人確認を完了させると、「気になる!」を送れるようになりました。ぜひ男性とのマッチングまで無料でお試しください。

TRY NOW

まずは《無料》登録でキャリ婚体験