女性が選ぶ婚活サイト「キャリ婚」へようこそ!アプローチするのは女性。対する男性は、事前面談を通過した「共働き志向の独身男性」だけが登録できる仕組みです。多数のメディアで活躍するアンバサダーの川崎貴子と金沢悦子が婚活の極意をお伝えします。

マッチングアプリや婚活サイトの人気は右肩上がりになる一方。それでも、正直なところネットで出会いを探すことに良いイメージを持てなかったり、遊び目的や既婚者がいたらどうしよう…と不安を感じる方も多いでしょう。

ですが「アプリやサイトを使って実際にゴールインできた!」というカップルは、徐々に多数派になりつつあります。婚活手段のひとつであるマッチングアプリや婚活サイトを、世間体や不安だけで排除してしまうのは非常にもったいないことです。

キャリ婚は、男性会員に既婚者はゼロ、遊び目的の人もゼロ。正真正銘、真剣に婚活をしたい働く男女のためのサービスです。
なぜそこまで言い切れるのか?その理由を、キャリ婚アンバサダーの川崎・金沢が回答します。既婚者がいるマッチングアプリや婚活サイトの見きわめポイントについても解説しているので、最後までぜひお付き合いください!

既婚者がいるマッチングアプリ・婚活サイトの4つの特徴

川崎貴子
川崎貴子
前向きに婚活市場へと羽ばたいていく女性たち。ですがその後、彼女たちの多くが一部の婚活アプリで既婚男性、あるいは宗教やマルチ商法などの勧誘にあい、「だまされた」とショックを受けるケースがあまりに多い状況でした。それで16年11月、働く女性に特化したキャリ婚のβ版を立ち上げることにしたんです。

素敵な人だと思ったのに、お付き合いが始まってから相手が既婚者だと判明した…婚活で絶対に避けたいケースですよね。
ですが、実はこの「既婚者に騙される問題」、リアルな出会いが主流の時代でも起きていたトラブルで、ネット上の出会いに特化した問題ではないのも事実。逆に考えれば、既婚者への対策をしっかり行っているサービスを選ぶことで、リアルの出会いよりも既婚者を確実に避けることができます。ここでは、ぜひとも避けたい「既婚者がいるサービスの特徴」について詳しく解説します!

既婚者の利用について禁止・罰則規定を定めていない

まず、サービス側が既婚者の利用を禁止するスタンスをしっかり表明しているかどうかを確認しましょう。サービスのページの目立つ部分に「独身」「独身者向け」といったワードが明記されていない場合は、利用は慎重にしたほうが良いでしょう。
「利用規約」もチェックしておきましょう。違反した場合の罰則規定が定められているサービスは信頼できると考えて問題ありません。

審査がない、またはゆるい

登録時の審査の厳しさも既婚者がいるかどうかを見るポイントになります。
残念ながら、会員数の多いマッチングアプリや婚活サイトのほとんどが、プロフィール写真がしっかり写っていればOKのほぼ無審査で登録が可能です。既婚者を避けるには、プロフィールの内容や、独身誓約書・独身証明書の提出が審査に含まれているサービスが良いでしょう。登録時に面談が実施されるシステムであればさらに安心です!

男女とも無料で利用できる、または女性だけ無料

これも会員数の多いサービスに多い特徴ですが、料金の安さが売りのサービスは、それだけ真剣度の低い人が多く集まることになります。
また「女性だけが無料」のサービスはかなり多いですが、これにも落とし穴が。
男性だけがお金を払っているというシステムが「男性が優位に立って女性を選ぶ」という構図になりやすく、まれに「お金を払っている方に主導権がある、多少強引なルール破りをしても大丈夫」というように、気が大きくなってしまう男性もいます。
ネット上の出会いで、リアルで出会うよりも強烈な性格の人に出会いやすいのは、こういった心理も関係していると考えられます。

女性も男性と同等か、それ以上の利用料を払うサービスであれば、真剣に婚活をしている独身者と出会える可能性が高く、男女平等の価値観を持った人とも出会いやすいでしょう。

金沢悦子
金沢悦子
年収が比較的高い男性ほど、対等な関係でいたい、家でも仕事の話をしたいという欲求を持っていました。けれどもマッチングアプリや結婚相談所では、“お嫁さん候補”が寄ってきてしまう。働く女性のために立ち上げた「キャリ婚」ですが、結果、彼らを救えるサービスにもなりました。

成婚実績を公表していない、もしくは少ない

カップル成立の実績、いわゆる「幸せレポート」を掲載しているサービスは多いですが、婚活をするならぜひ「成婚実績」にこだわって見てみましょう。成婚レポートをメインに掲載しているサービスであれば、婚活目的の人が多く既婚者は少ないと考えて良いでしょう。交際までのレポートの掲載が多く、成婚実績が半々だったり少なかったりする場合は、友達探しや遊び目的の人も利用していると言えます。

キャリ婚に既婚者がいない理由

男性の登録には面談が必須だから

キャリ婚に登録している男性は、全員キャリ婚カウンセラーによる事前面談をクリアしています。既婚者や遊び目的の利用者かどうかはここでしっかりチェックされます。

以下は、実際に男性の方にご案内している、キャリ婚に新しく登録するまでの流れです。

  1. 会員登録
    まずは「男性新規会員登録フォーム」より登録
  2. プロフィール入力・面談日時登録
    マイページからプロフィールを登録すると、面談日時の登録ボタンが表示され、面談を申し込むことができます。ただし、プロフィール入力の際に、キャリ婚のコンセプトに合致しない回答がある場合は、面談の登録ができない仕組みになっています。
  3. 面談
    予約された日時にいよいよ電話面談を実施。過去の恋愛や結婚に関する価値観を中心に詳しくヒアリングします。
  4. 合否連絡
    面談後、約1週間を目安に事務局から合否のメールが届きます。合格すると、晴れてキャリ婚のサイトにプロフィールが公開され、登録完了となります。

このような丁寧なプロセスで男性に登録いただいているので、独身で結婚願望があることはもちろん、コミュニケーション能力や人間性についても確認済みです。

川崎貴子
川崎貴子
面談内容の詳細は非公開にしています。というのも、事前に聞くことを公開していたら男性の本音が聞き出せないので、ぶっつけ本番で面談に臨んで欲しいんです。これ以外にも、面談前に50項目の診断をしています。

独身誓約書の提出&罰金規定があるから

キャリ婚の登録には、独身証明書の提出が必要ありません。なぜなら、独身証明書は基本的に「3ヶ月以内のもの」を提出するので、独身証明書取得後に結婚していたとしたら何の効力も無いからです。

キャリ婚では実効性のある仕組みにしたかったので、男性会員に「独身誓約書」の提出をお願いしております。さらに、万が一既婚者であることが入会後に判明したら、罰金を払っていただきます。

男性からアプローチできないから

キャリ婚は、「女性が選ぶ、女性からアプローチする」婚活サイト。男性はアプローチされない限り女性のプロフィールを見ることができません。これは、自分好みの女性を数多く物色したい、遊び目的の男性にとってはとても非効率なシステムです。

このように、キャリ婚は既婚者や遊び目的といった男性は審査で落ち、未婚で婚活に真剣な男性だけが登録できる、そもそも遊び目的の人にメリットを与えない仕組みになっています。だから、「既婚者ゼロ、遊び目的ゼロ」と言い切れるのです。

まとめ

以上、「キャリ婚の男性会員に既婚者がいない理由とは?」についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

ネット上の出会いが一般的になってきたからこそ、マッチングアプリやサイトを利用する人の目的は様々です。キャリ婚では、既婚者や遊び目的の男性が登録できないよう徹底管理し、安心して婚活できるような仕組みを整えて、あなたをお待ちしています。

既婚者・遊び目的男性がいない真剣な婚活なら、キャリ婚。ぜひ一度、お試しあれ。あなたが素敵な結婚相手に出会えますように。心から応援しています!現在、キャリ婚に無料会員登録し、身分証明書を提出すると人気の男性会員12人をチェックできます。「女性が男性を選ぶ」新しい時代の婚活を体験してみませんか?
無料会員登録はこちらから

TRY NOW

まずは《無料》登録でキャリ婚体験